株式会社iThings研究所(本社:東京都江東区、代表取締役社長:松岡 秀紀)は、Apple社が提供する最新Apple TVで動作する新しいタイプのハイブリット電子黒板アプリ「iThings teachers TV/iThings Remote」の新バージョン1.1.0を開発し、2016年9月26日(月)に無償で提供を開始いたしました。

プレスリリースはこちら

2016/09/12

本連載投稿は、タイトルにあるようにWebアプリケーションサーバーを構築しようと考えています。


そこで、Webサーバーソフト、アプリケーション(以下、AP)サーバーソフト、データベース(以下、DB)サーバーソフトのインストールと設定を行います。

実務で構築するならば、WebAPサーバーとDBサーバーは異なるコンピュータ上に構築するのが一般的ですが、本投稿は勉強目的なので同一のコンピュータ(ここでは、AWSのインスタンス)に構築します。

Webサーバー、APサーバー、DBサーバーの関係を図にすると次のようになり、クライアント(パソコンまたは...

2016/09/09

前回インスタンスを作成したところで終わりました。

今回は、作成したインスタンスに接続してみましょう。

その前に。。。

クラウド環境が使いやすいことの1つは、必要な時にインスタンスを起動(開始)して、作業を終了するときに停止し、また使いたくなったら起動できることです。

私は前回、作成後停止したので、起動するとことからお見せします。

ログインしたら「EC2」をクリックします。

インスタンスをクリックします。

起動の前に、前回の補足をします。

前回、「2. インスタンスタイプの選択」というステップ時において、「確認と作成」というボタンをクリックしたのです...

2016/09/07

「Linuxもデータベース(以下、DB)も、あまりよく知らないよ」と言う人が、AWS(CentOS7)にPostgreSQLをインストールして、アプリケーションサーバー(DBサーバーも兼ねる)環境をつくることを想定し、その流れをブログに綴ってみようと思います。

AWSと契約するところは、省略しますね。

(必要なら、いつか書きます)

IT業界で仕事をしていると、「自宅にサーバーを立てたことある?」と聞かれることがあります。

私も採用面接官をしていた時に、よくそういう質問をしました。

質問の意図は?と聞かれるなら、、、

ヲタク度がわかるから。

IT業...

2016/09/05

私は、お客様や教育会社さんからリクエストがあればそれに応じた研修を行います。


今年の春は、「アプリケーションサーバーの構築演習をオンプレ×2(Windows Server、Linux)とクラウド(AWS)環境で行いたい!」というご要望に従って実施しました。
 

ここまでは、普通なんですが。。。
 

この研修、講師は教えない、受講生がインターネットで検索し、調べながら自力(グループ)で構築するというというものです。
成果物としては、構築した環境と構築手順書を作成して頂きます。

私に求められるのは、ファシリーテーションだけ。
何も教えないとい...

2016/08/15

「えっ?まだだったの?」と、驚かれそうですが、今日、iPhoneにKindleをインストールしました。

IT業界で仕事をしているわりに、とってもアナログなタイプなので、電子書籍より紙の本が好きだから、正直、電子書籍に興味はなかったんです。

とは言っても、電子書籍自体は購入したことはあります。

電子書籍が話題になり始めたころ、どんなものか体験しておかなくてはと思い、ずいぶん前に1冊。

昨年、アメリカで社会現象を起こしたと話題になった「人生がときめく片付けの魔法

読んでから時間が経っていたので、「それなら、私、とっくの昔に読んでるよ(いまだ、片...

2016/08/03

世界15か国で刊行されている「ルビィのぼうけん こんにちは!プログラミング(以下、ルビーのぼうけん)」という本を翔泳社が5月19日に発売しました。

最近、SNSでも子供向けのプログラミングの話題をよく目にします。
私も興味はありますが、うちの娘はまだ年少ですし、気に留めておくだけで終わっています。

でも、「ルビーのぼうけん」は絵本なので寝る前の読み聞かせの本たちの仲間入りをしています。
 

IT研修の講師をしていると、IT関連の技術 / 知識 / 演習って、論理的思考に役立つんだけどなぁと常々思っていましたが、こんな可愛い絵本があるとは驚...

2016/07/28

保育園に迎えに行くと、虫かごにアブラゼミとミンミンゼミを入れた子供たちがはしゃいでいました。

うちの娘は、「虫、こわい(涙)」と逃げてしまいますが(私は平気)、お友達(女の子)は、ミンミンゼミを持って、「ほら~」と上に向けて放り投げていました。飛ばしてあげたかったんでしょうね。

この時期の子供には、「かわいそうだから」「汚いから」。。。場合によっては、「危ないから」といって、やる前から子供に「ダメ」と言わないという指導がなされます。

私からみれば、飛ばされているセミは可哀そうです。

「ああ、羽は持たないであげて」

「放り投げなくても、そっとし...